一般的注意について

  1. 本大会はレースではありません。完走を目的としたサイクリングイベントですので、交通法規を順守し安全走行を心がけてください。
  2. 急勾配、急カーブ、幅員狭小、舗装の損傷、障害物(倒木、落石等)、グレーチングなどへの十分な注意が必要です。

装備について

  1. 必須装備:
    • ヘルメット 未装着の方の出走はお断り致します。
    • 前照灯、赤色尾灯 途中に数カ所トンネルがあります。
    • 携帯工具、補修部品 パンク等には自力で対応できることが望まれます。
    • 予備チューブ 必ず2本以上お持ちください。
    • グローブ
    • ボトル 水は満タンで。暑い場合はダブルボトルがお奨めです。
    • 補給食 エイドステーションは設置しません。
  2. 必要に応じて用意する装備:
    • 雨具
    • 予備タイヤ
    • 日焼け止め、虫除け
    • 現金類
  3. 禁止装備:
    • DHバー(安全のため)

1.コース設定や、案内スタッフの配置、案内看板の設置は一切ありません

本大会ではコースの指定はありません。自己判断で下記スタンプ設置場所を周り、当日配布する当大会指定スタンプ帳に押印してください。
「自己責任の個人サイクリング」を基本的な考え方としたイベントとして開催します(ブルベの考え方とほぼ同じです)。
公道を交通ルールに則って走る任意の走行会であるため、交通規制や途中でのコース案内などは一切行いません。
案内なしの状態で、目的地に辿り着き、次の目的地も自己判断で決定してください。
案内がないと走れない方は、当大会の参加者としては不向きですので、一般的なロングライドイベントに出る事をおすすめします。
全て自分の責任になりますので、事前に走行ルートを計画し、GPSの装備やコマ図の用意など、走るために必要な準備は「必ず」各自でしてください。

2. バイク機材の整備がちゃんとできない方は参加できません

当大会は一般道を交通規制せず走行します。整備不良の状態で参加することは事故の危険性が非常に高くなるので、必ず本番前に、安全に走行する技術や安全なライドのためのバイクの整備は必ず自己責任で行ってください。

また前後ライトとベル、予備チューブ(タイヤ)やパンク修理キットなど必須装備については、事前にサイトで明示しますので、必ず装備&整備してください。スタート時にバイクをチェックさせていただき、必須装備がない場合には、その時点で失格となります。

当日のメカニックサポートはありません。イベント前日や当日にメカニックサポートにバイクを見てもらうような方は参加できません。現地でのパンク修理やメカトラブルについては全て自己対応していただき、対応できない場合にはリタイアしていただくことになります。
※予備チューブ(チューブラーの場合はタイヤ)は必ず2本以上持ってください。

3. スタート&ゴール地点までは、必ず自分で戻ってください。

回収車は用意しません。ゴール地点までは参加者自身で戻っていただきます。
エリア内のほとんどが携帯電話の使用が可能です。
体調や機材トラブルなどで自走で戻れないときは大会本部までご相談ください。

4. 交通法規は必ず遵守し、マナーあるライドをしてください

当大会は交通規制の一切ない通常の公道でのライドですので、交通法規を遵守することは必須条件となります。またライド中の並走は絶対にしないでください。
キープレフトを徹底し、坂での蛇行、反対車線に膨らんでの走行などは事故の原因となる危険行為ですので、絶対にしないようにしてください。さらに通行する自動車に対して配慮をして、必要に応じて先に行かせるようにするなど、気くばりをしてください。
特に下り坂でのスピードの出し過ぎや、他の参加者の追い越しは非常に危険ですので、充分に注意を払ってライドするとともに、他の参加者への声がけや手信号など、必ず行ってください(他のライダーを追い越す時には、必ず「右行きます」「右抜きます」というような声がけを忘れずにしてください)。
万一スタッフが危険なライドを見かけた場合には警告を行うか、その場でリタイアとさせてもらう場合がありますので、スタッフの指示に従ってください。
特にグループでの参加の場合、集団で並走したり、下りで仲間同士ではしゃいで競い合ったりして他の参加者の通行の妨げになるような走り方をする人もいますが、そういう方は当大会には相応しくないので、参加しないようお願いします。

5. 体調不良や怪我への対応も自己対応が原則です

サポートドクターはいますが、いつでもすぐに現場に駆けつけることはできません。あくまでも原則は「個人サイクリング」として対処し、必要に応じて救急隊への要請を行うなど、ご自身で対応をお願いします。
ハンガーノックや脱水状態、熱中症、低体温症などににならないよう水分、塩分や栄養補給をこまめにしてください。
また天候によっては、レインウェアなどの雨対策を忘れずに用意してください。
様々な天候や気温の変化に臨機応変に対応できるよう、装備は十分に持参するようにしてください。

また疲労や体調不良は、安全なライドをできなくしていきます。自分が思っている以上に、自分の身体は疲労していることを肝に銘じて、無理はしないで、途中でのリタイアを選択し、安全にライドを終了するようにしてください。

6. 補給は各自道の駅やコンビニなどで行ってください。

当大会にはエイドステーションの設置はありません。自分にとって必要なエナジージェル等は各自で用意・携帯していただくか、各自道の駅の売店や自動販売機、コンビニ等でご購入ください。

 

7. 完走認定のためのルールを把握してください

当大会では完走を認定するために、いくつかのルールがあります。これをクリアしていただかないと完走とはなりませんので、ご注意ください。

  • 各スタンプ設置場所で、当日配布するスタンプ帳に押印してください。
  • スタート時刻は当日の集合場所先着順で決まります。30名3分おきのスタートとなります。
    グループでの参加の場合でもスタート時刻がわかれる場合もありますが、その場合もそれぞれの決められた時刻にスタートしていただきます。予めご了承ください。
  • エントリー後の参加者都合によるキャンセルの場合もエントリーフィーの返金は一切できません。

お申し込みはWebからのみ受け付けます

本大会ではコースの指定はありません。自己判断でスタンプ設置場所を周り、当日配布する当大会指定スタンプ帳に押印してください。
「自己責任の個人サイクリング」を基本的な考え方としたイベントとして開催します(ブルベの考え方とほぼ同じです)。公道を交通ルールに則って走る任意の走行会であるため、交通規制や途中でのコース案内などは一切行いません。案内なしの状態で、目的地に辿り着き、次の目的地も自己判断で決定してください。
案内がないと走れない方は、当大会の参加者としては不向きですので、一般的なロングライドイベントに出る事をおすすめします。
全て自分の責任になりますので、事前に走行ルートを計画し、GPSの装備やコマ図の用意など、走るために必要な準備は「必ず」各自でしてください。